Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス解析

SEOには色々な項目、手法がありますが、その前にまず自分のサイトの分析が出来ないことには動きようがありません。そのために使われるものとして、よく知られているものにはアクセスカウンターがあります。

アクセスカウンターはレンタルスペースに無料で付いてくる場合が多いのでそれで間に合います。 それ以外にもフリーでサイト内に置くCGIタイプと、外部のレンタルカウンターを借りるタイプがありますので、自分の環境にあわせて導入するといいでしょう。

ただアクセスカウンターの場合人数は分かりますが、詳しい内容がわかりません。そこでアクセスの内容まで分析してくれるサービスがあり、一般にアクセス解析と言われます。

アクセス解析を使うと誰が、いつ、どこからアクセスしたか等がわかります。またどのページにアクセスが多いかとか、あるいは自分が何かサイトに改善なりを加えたときに、 訪問者はどうなるかなど多数の項目にわたって分析できます。

自分の借りたブログやレンタルスペースに無料で付いてることもあるので一度調べてみましょう。FC2には無料解析サービスがあるので利用できます。

それ以外にも無料で十分役立つレンタルサービスが多数有ります。SEOには欠かせないツールなのでまず第一に導入するようにしましょう。

スポンサーサイト

アクセス解析の内容

アクセス解析を設置すると、実に色々なことがわかります。どのアクセス解析を使ってもだいたい次のようなことが分析できます。

  • アクセス数(時間別、日別、曜日別、月別等)

  • 訪問回数、間隔、閲覧時間

  • リンク元URL、ドメイン、検索エンジン、検索語句・単語

  • ブラウザの種類、OSの種類、画面のサイズ、設定色、その他

  • 人気ページ、人気タイトル 、人気キーワード

  • 言語圏、国、地域、プロパイダ、ドメイン種、ホスト、等


なお基本的なこととして、厳密な結果を求めるなら自分のアクセスを抜くようにします。色々修正や追加で自分のアクセスはかなりの数になります。自分のアクセスをSEOに使うことはほとんどないので、抜いておいたほうが分析がやりやすく、わかりやすくなります。

除外の設定は、それぞれのツールによって違うのでマニュアルにそって設定しましょう。。なお一般のプロパイダの場合、自分の接続IPはいろいろと変動します。確認君など調べてから、範囲を設定しましょう。


アクセス解析の使い方

アクセス解析には多くの項目がありますが、特に参考になると思われる項目について述べます。

アクセス数

まず基本的な重要データとして、アクセス数があります。まずトータル数です。おそらくアクセス解析を設置したら一番に気になることの一つでしょう。これはアクションの参考にもなります。 たとえば何かコンテンツを追加したり、あるいはキーワードを工夫したときに変動しますが、基本的で大切なデータです。

変動の仕方を見ることで自分のねらいと、ユーザーの反応とのギャップやあるいはマッチ具合がわかります。何によって変動したかを察知、分析することで後々のサイトの運営方針が大きく変わります。また季節による変動や、世間の動向でかわるものもあります。

日別や月別、あるいは時間帯による変動を参考にすると、どのような時が変動が大きくアクションを起こすのにチャンスであるか等をつかむことが出来ます。また逆に変動が大きかったときにはなにか要因があったのではないかと推測できます。


参照ページ数や訪問回数

サイトにとって、新規のユーザーの獲得は大切ですが、一度だけでなく、来てもらった方にリピーターになってもらえることで、徐々にアクセス数が伸びます。また多くのページを読んでもらえるということは、それだけキーワードにマッチした内容を提供できているという判断が出来ます。

トータル数も大切ですが、キーワードとのマッチングやあるいは、そのユーザーの要求にどうこたえているかということはサイトの質にもかかわる大切なことであり、運営の参考、指針にもなります。

参照ページ数や訪問回数を伸ばせるような充実をはかる目安として、そしてその結果としてユーザーの要求にこたえるサイト作りが出来ているかどうかを知るための大切な項目です。


検索エンジン、ドメインなど

どの検索エンジンから多くのユーザーが訪れているかを知ることで、自分のサイトがどの検索エンジンに強いかの判断が出来ます。また検索エンジンからのユーザー数が少ないということはSEO的には弱いサイトであるといえます。

場合によっては、検索エンジン側で判断基準の変更、あるいは更新があったりした時にも大きな変化が見られます。 そのような場合にはどのような変化があったのか同じような内容の他サイトも確認しておくのがいいでしょう。SEOの本来の意味からも大切な項目といえます。


検索キーワード、人気ページなど

SEOでは最重要項目の一つです。ユーザーがどのようなキーワードでアクセスしてきているかが分かります。多くのヒントの含まれてる項目です。もちろん、もともとこちらのねらったキーワードが機能しているかどうかが大切です。

でも中にはとんでもないキーワードでも人が来ていたりします。すみにあるほんのちょっとした言葉がインデックスされていることもあります。 それはそれで新たな作戦のヒントにはなりますので、人が来ているキーワードにそってページを強化することでアクセス数がさらに伸びることもあります。

サイトというのはトップページだけで検索されるものではありません。アクセス解析を見てみたらそれ以外のページの総数はもっと多くの人を集めていることがあります。ですから子ページもそれぞれひとつのサイトと見て、キーワードをしっかり管理してアピールします。


その他の項目

ユーザーがどのようなブラウザを使ってるかや、画面サイズはサイトのデザインに影響するので一度は確認しておくのがいいでしょう。画面の大きさなども1600台の大きな人もいるので、あまり小さすぎる文字を基準に使うのはよくないなどの参考になります。

また詳細なアクセスログ(アクセスの記録)調べることが出来るアクセス解析がありますが、不正アクセスなどを調べることが出来ます。変なエラーが出てたら注意です。


アクセス解析ツール・サイト

アクセス解析で有名なツールをあげておきます。


FC2アクセス解析

FC2ブログならまずこれがおすすめ。無料レンタル業界初、都道府県のアクセス解析機能実装。表示されるアイコンは非常に小さく何種類かから選べ、可愛いアイコンもあります。FC2内のサービスなので更新の反映がかなり早い。また設置は簡単で、ブログの場合テンプレートにHTMLタグを埋め込むだけです。


AccessAnalyzer.com

無料高性能アクセス解析です。 小さな広告が表示されますが有料版(2000円)なら広告は消えます。無料も有料も内容的には変わりません。 アクセス統計、システム統計、訪問者統計、ページ内統計等につかえます。 更新はなかなか早く10分程度で反映されます。実力十分なアクセス解析です。レンタルスペースのXREAが提供しています。


Google Analytics

Google提供です。非常に高機能な無料解析ツールです。 またアドワーズ広告と統合されていて、アドワーズに関する統計情報を色々と確認することもできます。 それに無料なのに広告が出ないというのは非常にポイントが高い。ただデータの反映は少し遅いです。また通常画面では毎日5時過ぎに一度更新があります。Googleアカウントが必要。


忍者アクセス解析

無料の忍者ブログや忍者ホームページレンタルと同じ会社で80万人近いユーザーがいます。小さな広告がつきます。 内容的にはかなり色々な分析が出来て、ログも4ヶ月分保存できます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。