Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTMLに関して

HTML(HyperText Markup Language)はサイト構築につかう言語ですが、検索エンジンはそのタグを見て文章構造を把握しています。

ですからサイトを作るときには、タグの内容を理解して、それが検索エンジンのロボットに評価されるよう、適切な使い方を知っていることが大切です。タグが適切に使われている文章は、文章の構造化が適切に行われていると言います。


ではそもそもなぜ文章の構造化が必要なのでしょう。

SEOを扱っているサイトではタグの使い方を色々と説明していますが、そもそも何のためのタグかというとです。タグとはそれをつけることで、文章、あるいは言葉、キーワードの重要度を表すものが多いのです。重みをつけるという言い方をすることもあります。

検索エンジンロボットはそのページで重要と扱われている言葉を評価して、そのページはその言葉、キーワードに特に関係している文章なのだと判断するのです。分かりやすく言うと、タグでキーワードをきわだたせることは、検索エンジンに、ここにそのキーワードに関する記述がありますよとアピールするということになります。

でももともとはそのような重みを付けるタグは、サイトを訪問してくれたユーザーに対して外見上分かりやすくなるものが多いです。適切に構造化された文章は、ユーザーに対してもわかりやすい文章です。

また実際に使ってくれるのはユーザーですから、ユーザー視点のページでなければいくら検索エンジンからたどって来たとしても、すぐ去ってしまうでしょう。本来の文章の構造化は、検索エンジンに対してだけではなく、ユーザーのためのものであることを忘れてはいけません。

本当にSEOに強いサイトとは単に検索エンジンに対して技術的に強いだけではなく、ユーザーからも評価されるサイトです。


スポンサーサイト

title

title要素:<title>~</title>

サイトにアクセスしたユーザーには直接は見えませんが、ブラウザの枠には表示されています。このタグはどちらかというと検索エンジンがサイトの内容を判断するタグで、SEOではもっとも重要なタグとも言われます。

検索エンジンではこのタイトルタグの内容が見出しとして表示され、ユーザーはそのタイトルを見てアクセスします。つまり看板とも言えるタグです。

看板がいくつもあると、どれが本当かわかりません。検索エンジンにスパム(不正)と見られる可能性があるので、titleは一つだけにします。 またtitleに同じキーワードをいくつも入れることもスパムと判断される恐れがあります。

titleには一番重要なキーワードを入れます。入れるキーワードの個数は色々な意見がありますが、検索エンジンは情報の絞込みをするので、多くても2、3個ぐらいで構成するほうが上位表示にはいいようです。

メインとなるキーワードとそれを補足するようなキーワードを組み合わせるのがいいでしょう。メインとなるようなキーワードは、いくつも入れるとどれがメインのテーマなのか、まぎらわしくなることになります。

いろんなキーワードで検索してもらおうとすると、逆効果になるということです。あまりよくばらないことです。

またもっとも重要なキーワードは先頭に近いところ、左側に入れます。キーワードを単語で入れるのは良くないと書いてるサイトもありますが、余分な言葉を入れるのもよくありません。
ただしGoogle等では、簡単なページの内容説明の記入等を勧めています。

実際に検索エンジンで検索してみると、上位表示のサイトでは最短でまとまったタイトルが多いことでわかります。

文の区切りとしてよく使われるのは、ハイフン(-)やスラッシュ(/)パイプライン(|)です。半角スペースはGoogleなどのサイトでは使っています。

titleはあまり長くても全部は表示されません。検索エンジンで表示されるのは半角で65字程度で後は省略になります。

このtitleは検索エンジンでまずユーザーが一番に見るもので、このタイトルでけっこうアクセスするかしないか決めるようです。いわゆるキャッチコピーの役割もはたしているわけです。周りのサイトも参考にしながらインパクトのある、負けないタイトルにしたいものです。


meta

meta要素:<meta />

このタグはロボット型検索エンジンに対して、そのページの情報を正しく伝えるためのものです。metaには色々なタイプがあるのですが、特にSEOに関係のあるものを取り上げます。


name="robots"

(例)<meta name="robots" content="index,follow" />

検索エンジンへの登録の可否が記述できます。indexは検索許可、noindexは検索不許可、followはリンク先参照許可、nofollowはリンク先参照不許可。noarchiveは検索結果にキャッシュを表示させない。まとめることもでき、allは全て許可、noneは全て不許可です。

このタグがない場合、、ロボットは検索許可されていると判断します。つまりindex,followの状態です。ですから通常は特に記述する必要はありません。これを記述したほうが積極的にロボットに来てもらえるような意見もありますが、私の場合はなくしたほうが結果はよかったです。

検索エンジンは、特に最近SEOのやりすぎには敏感なように感じますので、現在は普通になしにしているほうがいいように思います。

noindex、nofollowは結構大切です。特に印刷用とユーザー閲覧用に同じ内容で2つのページを作成しているような場合、重複ページとしてスパムと見られる可能性があります。そこで、例えば印刷用ページにこの2つのタグを付けておくことで重複の回避ができます、

また<a>タグでよく使うのですが、nofollowはもともとブログのコメントやトラックバックで無制限にリンクが増えないよう、そのリンクに意味がないことを検索ロボットに伝える役割があります。ページランクの考え方から、無意味なリンクは得ではないので、このnofollowでリンクに価値のないことを伝えるのです。


name="keywords"

(例)<meta name="keywords" content="○○○,○○○" />

検索のヒット率を上げるキーワードが記述できます。このタグはキーワードの詰め込みすぎなど、乱用されることが多かったため、現在は検索エンジンもあまり重要視していないのですが、ページのテキスト情報として参照されることがあるようです。

あまりたくさん詰め込んでも意味がないので、メインキーワードとそれを補足するキーワードあわせて、2、3語にします。また区切りはコンマ(,)です。


name="description"

(例)<meta name="description" content="○○○・・・・" />

検索したときに表示される要約文(スニペット)が記述できます。検索エンジンに表示されるのは全角で80字程度であとは省略されます。ユーザーはここを見てサイトの内容を判断するので、適切な表現で、ユーザーの興味を引く文章にするべきです。

ここに記述がない場合は、スニペットとして本文のほうから引用されます。

検索エンジンを見るとわかりますが、このスニペット内のキーワードが黒太字で表示されているので、descriptionにキーワードを含めることはユーザーにとっても検索エンジンにとっても有効であると考えられます。


hx

h1~h6要素:<hx>~</hx>

これは見出し、案内板と言えるタグです。適切に使うことで訪問者を正しく誘導します。
ブラウザで見てみると、h1からh6までだんだんと文字の大きさが小さくなります。つまりその文章に対して、大きさで重要度をあらわすラベルとして働いています。

ですから、文章内容の重要さにあわせて使われていれば、イコールでSEOが出来ているといえます。内容をもう少しSEO的に分けて説明すると、次のようなことがポイントです。


h1は一つだけ

h1は大見出しとなるものなので、一つだけ使うようにします。複数使うとスパムとみなされるおそれがあります。


hxタグは番号順に使う

hxタグは、文章の内容に合わせ数字の少ないものから大きいものへと使うのが正しい使い方になります。番号の大きさは順番になるようにします。たとえばh1の次にはh2が来るというようにします。

h3の次にh2が来るような文章構造は、あまり文章構造が良くないと判断され検索順位が下がる場合があります。私もちょっと番号のつけ方を変えただけで順位が変わった事があります。

現実的には、文章内容によっては、見出しが入り乱れる事もあると思うのですが、そのような時は思い切ってページを分けるなどの方法をとります。


hxタグのフォントの大きさ

次にhxフォントの大きさに関してですが、大きさを変えるとスパムと見なされるとか、見なされないとか諸説があります。hxの大きさはスタイルシート(CCS)で変えられます。

ブラウザを色々使う方ならある程度知っている事ですが、実はブラウザにはそれぞれ固有のスタイルがあるので、hタグの大きさも色々です。そこから考えると、大きさが影響あるというのはあまり理論的ではないと思われます。ページにあわせて大きさを変えても特に問題はないようです。

ただし、スパムとされる行為の中に、文字の視認性があり、よく見えないような小さいフォントを使うことはそれだけでスパムとされるおそれはあります。大きさを変えたとしても、視認性に問題のないようにしておくのが無難です。


文章の重要度に合わせる

最初にも書きましたが、もともとユーザーに文章の重要さをわかりやすくするための、ラベリングの役目のあるタグです。重要度にマッチした使用をすることが、内容の正しさアクセシビリティ(利用のしやすさというような意味)の向上につながります。

a

a要素:<a>~</a>

アンカータグです。リンクを貼るときに使うタグです。リンクが関係するのでSEOではきわめて重要なタグです。リンクを制するものがSEOを制するという方もいます。最低限リンク切れなどのないようなしっかりした管理が大切です。

リンク元とリンク先の評価をされます。その際に検索エンジンにはタグに囲まれている言葉がキーワードとして評価されます。

つまりリンクアンカーに含むのは、リンク先のサイトに実際に関係するキーワードであるべきです。 時々、「これ」とか「こちらです」とかアンカーで使っているのを見かけますが、あまり上手い使い方とはいえません。

画像をアンカーで使う場合には、アンカーにテキストがないので、imgタグのalt属性にアンカー先の内容、あるいはキーワードを記述するようにします。 ただしむやみにキーワード等を詰め込みすぎるとスパムと判断されるおそれがあるのでほどほどに。

また<a>タグにもtitleを付けることが出来るので、ここに相手先の内容を書いておくのも補助になるようです。


nofollow

(例)<a href="sample/mail.html" rel="nofollow">

metaタグの項目で少し説明しましたが、あまり意味のないページへのリンクにはrel="nofollow"と付けることで、ページランクの無駄な配分が防げます。たとえば、メールフォームだけのページなどです。

ただしくれぐれも相互リンク先に使ったりすることのないように。相手のあるリンクは相手先の価値もあわせて評価されていることを忘れてはいけません。


その他のタグ

ul ol dl要素:<ul>~</ul>:<ol>~</ol>:<dl>~</dl>

これらのタグは箇条書きや定義リストに使われます。重要な項目を並べて書いたりすることは多いので、文章の構造化に効果があります。アクセシビリティにもいいです。

検索エンジンも同様に、これらのタグに囲まれているテキストは重要であると評価すると考えられています。


strong em要素:<strong>~</strong>:<em>~</em>

これらのタグは論理的強調に使われるものです。見た目を強調することが出来ます。emを使うと斜体、strongは太字になりますが、外観を変えたくないようなときはスタイルシートでfont-style:normal;と指定します。

検索エンジンに対してもキーワードに適切に使うことで、アピールすることができます。

ただしあくまでもページ内での相対評価なので、なにもかも強調するとどれが重要なのかわからなくなり、結果としてどれも重要と評価されなくなります。またスパムと見られかねません。これもほどほどにすることです。


address要素:<address>~</address>

これは連絡先や、あるいは著作権を示すときに良く使われるタグです。ここに書いてある特に地域情報などが検索エンジンに評価されます。


検索の重要度を下げる、del等

タグには検索エンジンから見て、評価されないようにするタグがあります。なぜ評価されないようにするかということですが、サイトの内容に直接関係のないような情報を取り除くことで、それ以外のサイトの本来の情報の純度が上がるということです。


del要素:<del>~</del>

削除を表します。このタグで囲むと分の上に打ち消しの線が引かれます。たとえば古い情報を削除して、新しいものを追加したようなときによく使われます。

また例えば、あまりサイトの内容とは直接関係のないような見本文なんかにも使います。そのような時は打ち消し線は出ないほうがいいので、スタイルシートでfont-style:none;を指定します。


blockquout,q要素:<blockquout>~</blockquout>,<q>~</q>

これは引用文に使います。長い文章にはblockquuout、短い文章にはqという感じです。引用文ではなく本文のほうで評価してほしいときには、どれが引用なのかはっきりさせておきます。検索エンジンはその部分は評価の対象にしないと言われています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。