Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アクセス解析の使い方

アクセス解析には多くの項目がありますが、特に参考になると思われる項目について述べます。

アクセス数

まず基本的な重要データとして、アクセス数があります。まずトータル数です。おそらくアクセス解析を設置したら一番に気になることの一つでしょう。これはアクションの参考にもなります。 たとえば何かコンテンツを追加したり、あるいはキーワードを工夫したときに変動しますが、基本的で大切なデータです。

変動の仕方を見ることで自分のねらいと、ユーザーの反応とのギャップやあるいはマッチ具合がわかります。何によって変動したかを察知、分析することで後々のサイトの運営方針が大きく変わります。また季節による変動や、世間の動向でかわるものもあります。

日別や月別、あるいは時間帯による変動を参考にすると、どのような時が変動が大きくアクションを起こすのにチャンスであるか等をつかむことが出来ます。また逆に変動が大きかったときにはなにか要因があったのではないかと推測できます。


参照ページ数や訪問回数

サイトにとって、新規のユーザーの獲得は大切ですが、一度だけでなく、来てもらった方にリピーターになってもらえることで、徐々にアクセス数が伸びます。また多くのページを読んでもらえるということは、それだけキーワードにマッチした内容を提供できているという判断が出来ます。

トータル数も大切ですが、キーワードとのマッチングやあるいは、そのユーザーの要求にどうこたえているかということはサイトの質にもかかわる大切なことであり、運営の参考、指針にもなります。

参照ページ数や訪問回数を伸ばせるような充実をはかる目安として、そしてその結果としてユーザーの要求にこたえるサイト作りが出来ているかどうかを知るための大切な項目です。


検索エンジン、ドメインなど

どの検索エンジンから多くのユーザーが訪れているかを知ることで、自分のサイトがどの検索エンジンに強いかの判断が出来ます。また検索エンジンからのユーザー数が少ないということはSEO的には弱いサイトであるといえます。

場合によっては、検索エンジン側で判断基準の変更、あるいは更新があったりした時にも大きな変化が見られます。 そのような場合にはどのような変化があったのか同じような内容の他サイトも確認しておくのがいいでしょう。SEOの本来の意味からも大切な項目といえます。


検索キーワード、人気ページなど

SEOでは最重要項目の一つです。ユーザーがどのようなキーワードでアクセスしてきているかが分かります。多くのヒントの含まれてる項目です。もちろん、もともとこちらのねらったキーワードが機能しているかどうかが大切です。

でも中にはとんでもないキーワードでも人が来ていたりします。すみにあるほんのちょっとした言葉がインデックスされていることもあります。 それはそれで新たな作戦のヒントにはなりますので、人が来ているキーワードにそってページを強化することでアクセス数がさらに伸びることもあります。

サイトというのはトップページだけで検索されるものではありません。アクセス解析を見てみたらそれ以外のページの総数はもっと多くの人を集めていることがあります。ですから子ページもそれぞれひとつのサイトと見て、キーワードをしっかり管理してアピールします。


その他の項目

ユーザーがどのようなブラウザを使ってるかや、画面サイズはサイトのデザインに影響するので一度は確認しておくのがいいでしょう。画面の大きさなども1600台の大きな人もいるので、あまり小さすぎる文字を基準に使うのはよくないなどの参考になります。

また詳細なアクセスログ(アクセスの記録)調べることが出来るアクセス解析がありますが、不正アクセスなどを調べることが出来ます。変なエラーが出てたら注意です。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。