Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

人はキーワードでアクセスする

人でキーワードを選ぶ

キーワードは重要な役割をはたしています。なにしろ検索するときは、まず検索窓にキーワードをいれますから、検索エンジンを使う全てのユーザーの行動はまずキーワードから始まるのです。

つまりユーザーの使うようなキーワードを使わないことには、誰も自分のサイトには来てくれないということです。

ですからユーザーがどのキーワードを使うかを把握することがまず一番目に大切であり、SEOの出発点ともいえます。そのために、ばくぜんと誰かを相手にするのではなく誰を対象とするのかを絞り込むことが必要です。

対象とするユーザーをターゲットともいいます。そしてそのターゲットが使いそうなキーワードを想像しながらどのキーワードを使うか選んでいくのです。

ただなかなかそんな想像はしにくいという方もいると思います。そんな時には手助けになるツールが色々ありますので、それらを活用しながらキーワードを選びます(ツールに関しては後のページで説明します)。

なかなかすぐに思うようなキーワードが選べるわけではありませんが、ねらいのはっきりしているキーワードなら検証もわかりやすく、やりやすいものです。なぜそのキーワードを選んだのかを常に明確にしておくことが大切です。


表記のゆれを考える

同じ発音や意味でいくつかの表記のあるものがあります。たとえば「おこづかい」と「お小遣い」あるいは「おこずかい」と色々人によって変わるものがあります。それによって検索エンジン側の検索結果もかなり変わるので、こちらの意図している正しいキーワードを選ぶ必要があります。

そのためのツール、サイトがあるのでいくつか紹介します。

単語の区切りがわかるチェックツール→ゆれチェッカー

同じような言葉がわかる類義語のサイト→シソーラス



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。