Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ロングテール

まずロングテールとは何かということですが、これはもともと商品販売などで使われるようになった言葉です。商品販売ではよく売れるもの上位20%で全売上高の80%を稼いでしまい、残りの売れない商品80%は全体の20%の売り上げしか稼いでいないといわれますが、グラフにすると次のような感じになります。

long-tale.gif


上のグラフのように売れないものの部分が恐竜の尻尾(テール)のように長く(ロング)伸びた形になります。これをロングテールといいます。

一般の小売ならばこれらは死に筋商品と言われます。店には展示スペースに限りもあり、売れ行きの悪いものは、あまりおいて置きたくない商品ということになりますが、インターネットの場合は事情が変わってきます。

なぜならオンラインビジネスでは特に店があるわけでもないので、商品はどこに置いててもいいわけで、Webサイトで見られればいいからです。いままでは邪魔であったものも、サイトなら時々売れるビジネスチャンスとしてそのまま置いておけるのです。

ですから、いままではあまり見向きもされなかったニッチなものがインターネットでは無視できなくなっています。それと同様なことがキーワードでも言えるのです。ねらい方としてはいくつか手段がありますがよく行われるのは次の2つです。

一つには積極的にサイトのテーマとしてニッチなキーワードをテーマにすることです。そういうどちらかというとメインから少しずれたニッチなキーワードをねらうことで、競合、あるいは大手のあまりいない分野をねらうことが出来ます。

もう一つには、とりあえず検索エンジンがひろってくれるかもしれないということで、サイトのあちこちにキーワードになりそうな言葉を使っておくことです。文章量をふやすなどいろいろなやり方があります。

アクセス解析などを見てみると、ほんとにページのすみっこにあるような言葉でアクセスしてきていることもあるので、検索表示の機会を増やすためには、はずせない方法です。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。