Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

hx

h1~h6要素:<hx>~</hx>

これは見出し、案内板と言えるタグです。適切に使うことで訪問者を正しく誘導します。
ブラウザで見てみると、h1からh6までだんだんと文字の大きさが小さくなります。つまりその文章に対して、大きさで重要度をあらわすラベルとして働いています。

ですから、文章内容の重要さにあわせて使われていれば、イコールでSEOが出来ているといえます。内容をもう少しSEO的に分けて説明すると、次のようなことがポイントです。


h1は一つだけ

h1は大見出しとなるものなので、一つだけ使うようにします。複数使うとスパムとみなされるおそれがあります。


hxタグは番号順に使う

hxタグは、文章の内容に合わせ数字の少ないものから大きいものへと使うのが正しい使い方になります。番号の大きさは順番になるようにします。たとえばh1の次にはh2が来るというようにします。

h3の次にh2が来るような文章構造は、あまり文章構造が良くないと判断され検索順位が下がる場合があります。私もちょっと番号のつけ方を変えただけで順位が変わった事があります。

現実的には、文章内容によっては、見出しが入り乱れる事もあると思うのですが、そのような時は思い切ってページを分けるなどの方法をとります。


hxタグのフォントの大きさ

次にhxフォントの大きさに関してですが、大きさを変えるとスパムと見なされるとか、見なされないとか諸説があります。hxの大きさはスタイルシート(CCS)で変えられます。

ブラウザを色々使う方ならある程度知っている事ですが、実はブラウザにはそれぞれ固有のスタイルがあるので、hタグの大きさも色々です。そこから考えると、大きさが影響あるというのはあまり理論的ではないと思われます。ページにあわせて大きさを変えても特に問題はないようです。

ただし、スパムとされる行為の中に、文字の視認性があり、よく見えないような小さいフォントを使うことはそれだけでスパムとされるおそれはあります。大きさを変えたとしても、視認性に問題のないようにしておくのが無難です。


文章の重要度に合わせる

最初にも書きましたが、もともとユーザーに文章の重要さをわかりやすくするための、ラベリングの役目のあるタグです。重要度にマッチした使用をすることが、内容の正しさアクセシビリティ(利用のしやすさというような意味)の向上につながります。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。