FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スパム判定とは

よく検索順位が大きく下がったりとか検索圏外になったら、スパム判定されたと思う人がいると思います。私は最初の頃はそうでした。ですが色々調べてみるとそうでもないということをお話したいと思います。


スパムには警告がある

実はスパムとされるようなサイトには警告がきます。ただしGoogleウェブマスターツールを使っていればですが。ウェブマスターツールには、スパムと思われるサイトに対して警告が出るようになっています。

どのような項目がスパム判定されると出ますので、それを修正すればいいのです。修正しない場合にはインデックスが削除されるなどの処置が取られます。

ですからまずスパムかどうか悩む前に、そもそもスパム判定なのかどうかウェブマスターツールを見ることをおすすめします。またウェブマスターツールには「診断」の項目の中に、コンテンツの分析という項目があり、ここにあまりよくないページ、例えば重複と思われるページ等が出るので、それを修正しておくと予防になります。

以上はGoogleに関してであり、他の検索エンジンにはありませんのでまた別の見方が必要です。


トップページを確認する

スパムとして判断された場合、トップページが確認できなくなることが多いので、まずトップページが残っているか確認します。自分のサイト名やドメイン名で検索してみて、残っていればそれはスパム認定ではなく別のフィルターや、場合によってはバグの場合があります。


いろいろな検索エンジンで検索してみる

Google、Yahoo!、MSNで検索してみます。どこかに残っている場合は、各検索エンジンのアルゴリズムの違いによるものが考えられます。そのような場合には、あわてず、余分なことをせず、自分はスパム判断にひっかかりそうな何かに手を加えなかったのか振り返りましょう。

スパムをするつもりはなくても、スパムの良く見られる項目、たとえばキーワードをやたらいじりすぎるなどによって一時的に検索から消えることはあります。そのような場合は1週間程度消えますが、またもどってきます。あわてないこと。


一気に多くのページをアップする

これはGoogleの内部の方の記事だったと思いますが、また出展がはっきりしたら掲載します。内容的には一気に100ページを越すような大きな追加などをした場合には、googleは一時的に検索結果からはずすということです。そのようなフィルターがあるのです。


最近のYahoo!検索はアップデートで圏外に消えることがある

これは色々なサイトで報告されていることで、YSTのアップデートがあるたびにどこかのサイトが検索圏外に消える現象がみられています。このような場合は、スパムというよりは新しいアルゴリズムに関係ありそうなサイトがなんらかの不都合でインデックスから消えるようです。

このような場合は、あわてずさわがず、基本的なことだけ確認します。スパムに思われそうな手直しはしなかったかどうか等。特になければ、YSTにサイトの登録をもう一度しておきます。またYahoo!SiteExplorerに登録しておくと復帰が早いとも聞きます。あとはしばらく我慢の子です。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。